サーチエネミーの会、会則


第1条(名称)
本会の名称は「サーチエネミーの会」とする。

第2条(目的)
本会は引退競走馬サーチエネミーの余生を見守り、共に見守る喜びを分かち合い励まし合うために設立した会である。

第3条(所在地)
事務局は北海道夕張郡長沼町東8線北2番地「引退馬ネット」内に置く。

第4条(所有権)
サーチエネミーの所有権はサーチエネミーの会の発起人に帰属する。発起人は代表者として預託先への保証金、輸送、会員の会費で不足する預託料の全額、預託にかかる不定の金額(獣医料費等)のすべてを負担する。
また、発起人に万が一継続不可能な事由が生じた場合、既に選定済みの発起人代理に一切の責任と権利を委譲する。

第5条(運営)
本会の運営は発起人が行い、引退馬ネットが事務の一部を代行する。

第6条(馬の管理)
サーチエネミーの管理は発起人が選んだ預託先にて行う。

第7条(会の構成)
本会は第2条の「目的」のために集まった発起人と本会の目的に賛同した会員によって構成する。

第8条(会員)
会員は預託料の一部を会費として負担するが、月々の会費以上の負担を求められることはない。また馬主としての責任はない。

第9条(会費)
会費は1口2,000円、または半口1,000円とする。
複数口も可能とする。   
会員は毎月末日までに、会費を納入する。半年払い、年払いも可能とする。
会の円滑な運営のため、負担額の変更、会費支払いの遅延、支払いの一時休止は事前に事務局へ連絡をする。

第10条(預託先)
預託施設の訪問は訪問先のルールに従って行うことができる。訪問は自己責任において行い、会員及び同行者に生じた事故については、本会、発起人、預託 施設は賠償責任を負わない。また会員が施設に与えた責任も自己責任とする。
本会および発起人は責任を負わない。
         
第11条(報告)
発起人は会員に対して定期的にサーチエネミーの様子を報告する。

第12条(退会)
事情により退会する場合は、速やかに事務局に連絡をする。なお、既に納入された会費は返却しないものとする。

第13条(解散)
本会はサーチエネミーが馬生を終え事後処理が済んだ時点で解散し、会費の余剰金は引退馬ネットに寄付し、他の馬の余生に役立てるものとする。

2009年7月制定、施行

Copyright© 2009-2013 サーチエネミーの会 All Rights Reserved.